MENU

沖縄観光情報

外観/サザンビーチホテル&リゾート沖縄

サザンビーチホテル&リゾート沖縄の子連れが気になるポイントまとめ

このサイトは一部に記事の関連広告を表示します

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」の子連れ設備、どの程度そろっているのでしょう?

沖縄には子供が喜ぶビーチ、プール付きのホテルはもちろんたくさんありますが、具体的にどんな設備やサービスがあるのか気になりませんか? こちらではまだ開業新しいホテル「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」の子連れ向けにスポットを当てて紹介してみたいと思います。

また、子連れが関係ない、サザンビーチホテル&リゾート沖縄の様子については以下の記事でまとめています。

沖縄の観光情報については、以下の記事でもまとめていますので合わせてご参照ください。

沖縄ホテルの子連れ情報

子連れ沖縄おすすめホテル

全て実際に泊まって書きました

  1. 恩納村リゾートエリア
  2. 北部エリア
  3. 中部エリア
  4. 那覇市街地/南部エリア
    • サザンビーチホテル&リゾート沖縄の子連れ情報 <いま読んでいる記事はこれ>
  5. その他宿泊レポート(那覇以外)
  6. その他宿泊レポート(那覇)
子連れおすすめ観光地(一部執筆中)

子連れ沖縄の観光

全て実際に行って書きました

  1. 観光施設
  2. 大型公園
  3. 世界遺産
    • 座喜味城跡/中城城跡
もくじ

添い寝可能な年齢・子供の朝食料金

未就学児までは無料でベッドでの添い寝が可能です。(有料で申し込んだ人数の同数まで)

小学生は大人と同じ料金です。

小学生から大人と同じ料金とは、なかなかしんどいですね。ただ通常の大人料金は他のリゾートホテルと比較しても、かなりリーズナブルではあるので、ここらへんのバランスは考えたいところです。

ウェルカムベビーの宿認定

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」はウェルカムベビーのお宿の認定は受けていません。

お部屋

設備面

写真のお部屋は「スーペリア・オーシャン」です。30㎡の一番狭いお部屋です。比較的新しいホテルなのでお部屋はきれいでした。

そこまで高い階層ではないのですが、こちらか見る眺望はすばらしかったです。

ただ、荷物を広げたり、手近にものを置けるスペースがあまりないのが、やや不便でした。

靴を脱ぐ部屋

調べたところ見つけられませんでした。

大人数部屋

最大でも4名までです。

お風呂・トイレ

一番狭いお部屋ですので、風呂トイレ洗面全部一緒のタイプです。

洗面台の広さ

洗面台はほどほどに広いです。

朝食レストラン

小学生(7~11歳)¥1,265、幼児(4~6歳)¥825、3歳以下は無料。

人気のホテルなのか、朝食は混雑していました。その代わり、種類が豊富で子供も大人も満足できるラインナップでした。子供向けに焼うどんやハンバーグが用意されており、子供にも食べやすいメニューがたくさんありました。また朝からアイスがでるのもうれしいですね。

キッズスペース

キッズスペースあります。小さなゲームセンターもあり、まったりできます。

子供用アメニティ

子供用アメニティーをいただきました。スリッパに歯ブラシにスポンジです。かわいいですね。他にもベッドガード・バス・踏み台・便座・おねしょパッド・ベビーカー・おむつペール・パジャマなど貸し出ししているようです。

子供用パジャマ

ルームウエアのワンピースタイプ(着丈約80㎝)を貸し出ししています。

コンビニ

売店は広くて、コンビニと同じく基本的なものはすべてそろっていました。お土産や簡単なおもちゃなども販売しています。おむつやさらにはスイミング用のおむつも売っていたので、うっかり足りなくなっても安心です。

プール

私たちが行った時期は3月下旬だったのですが、外のプールは解放されていました。晴れれば3月下旬でも全然泳げると思います。ただ写真見ればわかるかと思いますが、曇っちゃうとまだやっぱ寒いですね。なのでこのときは泳いでる人はいなかったです。

子供向けの滑り台が無いように見えますが、このときたまたま工事中でなかっただけで、プールに滑り台的なものは設置されているみたいです。

屋内プールは温水プールになっており通年利用可能です。沖縄に行って水で遊ばないなんてもったいないので、冬でもプールで楽しめるのはうれしいですね。肩につける浮き輪やビートバンの貸し出しもしていました。

ビーチ

ビーチはホテルの真正面にあるのですが、少し歩きます。この時期海底火山の噴火による軽石が問題になっていた時期なのであまりきれいに写真がとれませんでしたが、本来でしたらもっときれいな浜辺です。岩場に小さな生き物を発見出来たり、ぐらぐらする岩場を渡り歩くのは子供達には新鮮な体験でした。少し遠くまで歩いて海に突き出た展望台まで行くお散歩も楽しかったです。ただビーチは公共の場所なので、ホテル利用者だけでなくいろいろな方が遊びに来ます。リゾート気分でビーチチェアに座ってのんびりする感じではないです。

大浴場

大浴場はありません。

コインランドリー

写真撮り忘れましたが、まあまあの数がありました。

電子レンジ

電子レンジは見当たりませんでした。フロントで対応してくれるそうです。

フリードリンク

一般宿泊客が利用できるフリードリンクはありません。

その他子供が喜ぶ施設

ホテルではこの時期、無料のスタンプラリー的なものを開催していました。ホテル内に隠された宝箱を見つけるという内容です。子供たちは宝箱を見つけるたびにはしゃぎ、最後にお菓子をもらってご満悦でした。近くには新しい公園やボルダリングができるちょっとした壁、バスケットボールのコートなどありました。有料ですが自転車の貸し出しもしているので、大きいお子さんならサイクリングも楽しいかもしれません。

ホテル外の施設

そもそも立地がかなり特徴的です。普通リゾートホテルといえば恩納村周辺ですが、こちらのホテルは全然違う、那覇市街地に比較的近い南部エリアに立地しています。

ホテルから出ているバスからは、DMMかりゆし水族館、ショッピングモールのイーアス沖縄、沖縄アウトレットモールあしびなー、ウミカジテラスあたりの施設へのアクセスがよいです。これらの施設に行きやすいリゾートは少ないですし、バスでせっかくすぐいけるので、こちらで遊ぶのがおすすめです。

反対に沖縄北部の観光施設、具体的には美ら海水族館やパイナップルパークからは信じられないぐらい離れています。これらの施設に行きたい場合は、このホテルは利用しないほうがいいです。

さいごに

以上、サザンビーチホテル&リゾート沖縄の子連れ情報についてまとめました。

こちらのホテルのポイントは空港からのアクセスが良いことです。空港から路線バス1本で来れるので、レンタカーを利用しないお子様連れの方には、移動の負担が少ないのかなと思います。壮大な海もプールも水族館もショッピングも存分に沖縄を楽しめる楽しい施設が周辺にたくさんあるので、お子様連れの方でアクティブに動きたい方にはお勧めのホテルです。

もくじ